• affiliatekanrifuk

③FXのやり方と始め方を徹底解説

FXを始めるためには、利用するための手順をしっかり確認したほうがいいでしょう。具体的には以下の手順に沿って口座開設を済ませ、入金する必要があります。



FXを利用するための手順
  1. FX口座を選択する

  2. FX口座のアカウント作成

  3. ログイン用IDとパスワードを受け取る

  4. ログインしてアカウントへ入金する

  5. 入金完了後に取引する銘柄を決定

  6. 指定した銘柄で取引開始


このような手順を踏まえて、最終的にFXをスタートできる状態にしておきます。

口座選びはとても重要なポイントとなりますが、それ以外にも気をつけておきたいポイントがいくつかありますので、重要な部分を確認してFXを確実に始められるようにしましょう。

始めるための手順をしっかり覚えておきましょう。

ここからは、FXのやり方と始め方について詳しく説明します。


①FX口座を選択する

まずはFX口座選びを始めましょう。この記事に記載されているおすすめ口座の中から、自分に向いている口座を1つ選ぶといいでしょう。

 2つ以上の口座でアカウント作成をすると、口座開設時の審査に落とされる可能性があります。必ず1つの口座に絞ってください。

口座選びが完了した後、念の為に口座側が提供する情報をしっかり確認してください。業者によっては複数の口座が用意されており、取引する際のルールが変わります。

自分が希望している取引を実現できるのか、しっかり判断するために口座の内容は確認してください。


②FX口座のアカウント作成

次にFX口座のアカウント作成を行います。FX口座のアカウントを作成するためには、業者の口座開設を完了させなければなりません。

口座開設のためには必要な情報を入力する必要があり、指定されたフォームに情報を入力することになります。ここで入力する情報は、具体的に以下の情報を入れなければなりません。


入力が必要な情報
  • 個人情報

  • 勤務情報

  • 収入等の情報


大きく分けて3つの情報が必要となります。すべての項目が審査の対象となりますので、誤った情報は入力しないでください。

また、収入等については預貯金などの金融資産に関連する項目のほか、FXを利用したことがあるかなど投資経験についても問われます。

 入力情報は審査に必要な要素となります。

こうした情報を入力して業者に送信すると、個人情報を確認するために必要書類の提出を求められます。

運転免許証やパスポートなど、個人情報が確認できる書類を提出し、審査が進められるようにしましょう。



③ログイン用IDとパスワードを受け取る

審査が業者側で行われ、審査を通過した人にはログイン用のIDパスワードが提供されます。

IDとパスワードは簡易書留を利用して送付されるケースが多くなっているものの、業者によってはメールで送信される場合があります。

送信される方法を事前に確認しておきましょう。

簡易書留の場合は受け取るまでログイン手続きができません。書留が到着するまでには発送から1~2日必要となります。

審査にかかる時間を考慮すると、口座開設手続きが完了するまでには1週間程度の時間が必要と判断してください。

 審査に落とされた場合はメールで審査を通過できなかった旨が通知されます。審査に落とされた理由は公表されません。


④ログインしてアカウントへ入金する

提供されたログインIDパスワードを入力すると、FXのアカウントへログインできます。口座にログインした後、取引を開始するために入金手続きを開始します。

入金については業者ごとに以下の方法が採用されています。


入金方法
  • クイック入金

  • 銀行振込


クイック入金ネットバンキングを持っている人が利用できる方法で、入金手続きを速やかに行えるメリットがあります。

ネットバンキングを持っていない人は銀行振込以外の選択肢が得られないため、指定された口座にATM等を利用して入金してください。

 ネットバンキングを持っていれば入金が便利になります。

入金が確認されれば、FX取引が正式に可能となります。銀行振込を利用した場合は翌営業日まで入金確認が完了しない場合があるため注意してください。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示